不動産@ニューヨーク
7月 30

MUJIの会社更生法の関連記事で MUJIがパンダミックに勝てなかった理由 と言う記事がありましたが勝てなかった理由の一つが高額家賃、これは一概に同意と言えない部分と言えない部分の両方があります。又記事の中で書かれているアメリカ市場に歓迎されず?という事でアメリカでは受け入れられなかったとの内容ですが私は商品自体は受け入れらていると感じています。以前にも書きましたが販売戦略に問題があったと感じています。日本の店舗の様に多種を販売する方法では無理があると思っています。おそらくMUJIUSA或いは日本サイドの経営陣が日本の商習慣をそのままアメリカで採用しているからだと思いますが購買率は非常に悪いと思います。立地的にもMUJIの名前を一般に認知させるという戦略で5番街等固定費の高い所に進出させているのでしょうが宣伝効果はあるかもしれませんが収益性でいえばありえない場所と以前から日本流通視察関連で話していました。ただこのような場所でも現在より収益性を良くする方法があるのですが。店舗展開を再考して再度展開をするという事ですのでどのようになるか非常に興味があります。もう少しアメリカ人の気質を観察する事と自信を見直してみれば如何でしょうか。チャンスはありますよ。

7月 30

最近の記事で中国で高知県の馬路村の名前を商標登録申請がされていると言う記事がありましたが正直又中国かと思ってしまいました。現代中国では相手・ブランドに対する尊敬の念が無いという事を再度認識しました。少なくとも私の知るNY市での中国社会の皆さんはアメリカにいるからか相手にたいする尊敬・リスペクトを感じます。これは民主主義の中での生活ですので自然とそうなったのか或いはそうしているのか分かりませんが本土の中国人とは違うのかなと思っています。このような事はそれぞれの国の教育・経済システム或いは道徳観が大きく影響していると思うのですが中国本土では金になれば何でもありの世界で道徳は既に過去の話になっているのでは感じます。はるか昔はあったかもしれませんが時が過ぎるごとに残念ですが失われたのでしょう。今後の復活には又数千年の時を必要とするのか或いは永遠に失われるか興味のあるところです。

7月 11

私が日本からの企業を案内をする時必ず言っている事は『全ての人に受け入れらる商品は無い。』『特別な前提が無い場合、企業は必ず潰れる。』日本の企業経営者は良く全員に受け入れられる商品の開発と言いますが世の中にはそのような商品はありませんし紀元前以前から続いている会社は存在しません。特別な前提として宗教に関係する技術集団であればその宗教が存在する間は存続は可能ですが’基本的に企業は無くなるものと考えるべきと話しています。企業は起業後すぐに生き残りの戦略が始まります。生き残りの期間を最初から想定しその間に起業家は利益を確保する為に可能な限りの戦略を行いますが一般的にその生き残り期間の設定を行っている企業は無いのでは思うようになりました。仮に期間を設定して戦略を考えればすべての人に受け入れられる商品という発想は無くなり最終的に企業の延命につながる商品の開発も進むのではと考えるこの頃です。経営者の皆さん一度考えてみては如何ですか。

7月 11

飲食業界とリテール業界の 日系企業にとってコロナの影響は不可抗力的な面もありますが私自身今回の日系企業の経営環境はある程度予想通りと考えています。業界の違いはあれど日本で成功しているから海外で成功するとは限りません。進出戦略が自己にとって都合の良いように考えているのではと感じられます。 誰がその商品を欲しがるのか、買える価格帯は、購買層の年収、その層の全体に占める割合等、最低限の市場調査 の研究を行っているのか非常に不思議です。リテールですと商品数が多ければ豊富に感じますが実際には売れ筋は少なく店内は商品の枯れ木も山の賑わいになってるように感じます。市場調査会社に委託するとしても委託する側が市場を知らなければ受け取った情報をそのまま利用し最終的には企業全体に取って厳しい状況になる可能性があります。もっと調査に敏感になっていは如何ですか。

7月 11

コロナの影響で日系企業に影響が色々と表れています。。本日MUJIUSAが破産法11条の申請をしたとNEWSが流れ又先日いきなりステーキが破産申請をしたと報道がありました。ただ私から見るとコロナの影響も多少あると思いますが実際にはある種、無謀な事業展開の結果と考えており、遠からず同じ結果が生まれると予想しておりました。これら企業については日本からの視察を案内する時に今後の日系企業の予想として何度か話したことがありました。いきなりステーキの場合は1号店がオープンした際に将来的な企業展開の予想を行い結果は予想通りとなりました。予想をした際にアメリカが原因で日本が傾く可能性大と話しましたがこちらも結果としてそのようになったのは皆さんの知るところです。ムジに関してもいきなりステーキと同じく急展開を行いましたので家賃との商品の販売内容、価格からみて非常に厳しいと予想していましたがこちらも残念な結果となりました。今後の展開は商品の選別をうまく行えれば都市圏での店舗数の調整で再生が可能だと思いますが厳しい未来となりそうです。今後は進出予定先の状況を理解し現地の状況にあった展開をするべきと思います。